体験入店とは

風俗店で働く際には、未経験の女の子であれば「面接」と「体験入店」というのを少なからず通らなければならない道といっても過言ではないでしょう。
風俗用語では、「体験入店」のことを「体入」とも呼んだりします。
この「体入」に関して、未経験の女の子はとても不安に感じる人も少なくはないはずです。

たとえば、「体入というのはどういった流れなのか」、「そのまま入店させられないか」、まどが不安要素として挙げられてきます。
風俗経験者の女の子からすればただの「体入」かもしれませんが、未経験の女の子からすると不安だらけなのです。
「体入」というのは、お店で試しに働いてみて、良さそうなら入店してもらうための仕組みになります。
文字通り体験ですので、お試し感覚で実際にお店で働く事が出来ますし、お給料もきちんと支払われます。
「体入」の流れを簡単に説明してみますと、まず女の子からの応募があり、そして「面接」をしてそのまま「体入」をし、本人が何も問題がなければ「入店」という流れになります。

ほとんどの女の子の認識は、「体入」は一日という認識だと思いますが、お店に言えば「1人だけ」の「体験入店」も可能なのです。
風俗未経験の女の子は色々と不安が多いかと思われます。
1人目を相手してみて無理だと感じたら、同じ日に2人目を相手するのは当然嫌なことになります。

そうならないためにも、事前に「1人だけ相手しみて無理そうだったら辞めても大丈夫ですか?」というような相談を事前にしておけばお店側も絶対に了承してくれるはずです。
1人目を相手して大丈夫そうであれば、2人目も接客すればいいですし、もしも無理なら事前に言っているのでその時点で終了もしてもらえます。

Copyright © 2014 風俗店の面接と体験入店のセットについて All Rights Reserved.